砂漠に水

...Drop by drop shifts the desert to oasis.

どっちもこっち:正解と間違いではなく、正解と別の正解

どう見えるか知らないが、こう見えてもこの僕にはフランスのパリに友人がいる。ハハハ、ちゃんと読むんだよ。フランスのパリにいると言っただけでフランス生まれのパリジェンヌではありません。しかも悠久の歴史を絵に描いたような奈良県出身の女性だし。な、奈良をバカにするでねぇずらよ!はい、せっかく1年間のホームステイで渡ったのに新コロのせいで毎日がステイホームの真っ最中の巻頭文はここまでです。さおりちゃん、お元気ですか?僕は腹が立つほど元気です。でも、リアルにお腹がスクッと立ったところを一度も見たことはありません。昨日、飽きるほど使っても原価は0のLINEで「台風が過ぎ去ってやれやれですよ」と送ったら「フランスは地震や台風はほぼ0らしく日本に比べて自然災害は少ないようです。しかしながらスリやテロが横行しているので治安の面では安心というわけでもないようですね」と日本語で返ってきた。ったく、フランス語で書いてくれればうれしかったのに。だって、この僕だよ。地震や台風などの自然災害が発生する。スリやテロなどの凶悪犯罪が横行する。そのどっちがいいか悪いか、マシかそうじゃないとかの問題ではなく、何事も年中無休の事前準備と心構えが大切ということで今日は〆よう。昨晩、世界のアツローが「日頃からご迷惑をお掛けして申し訳ありません」と頭を垂れてお詫びの品の御座候を持ってきた。とりあえず御座候に免じて今回だけは許すものの前回と前々回のお詫びも次回のお詫びも死ぬまで行いなさい。御座候の赤あんと白あんのどっちがいいか悪いか、マシかそうじゃないとかの問題ではありません。