砂漠に水

...Drop by drop shifts the desert to oasis.

お泊り旅シリーズ第16弾@明石:魚の棚商店街と明石城

必死こいて青春18きっぷの消化に全精力を注いでいる僕がいる。この際、一泊してみますか。ってことで、明石市内のホテルに宿泊することを決定した。最初に終点のJR姫路駅で降りると国宝&世界遺産の『姫路城』を攻めた。いい。この僕がどれだけ攻めても微動だにしない天下の名城だ。そして、JR明石駅に引き返すとホテルのチェックなインを済ませた僕は『魚の棚商店街』にある『あかし多幸』で熱々の「明石焼」をフーハーフーハーしながら食べた。その翌日、明石城を攻めまくった。ピーカンの青空に映えてさらにいい。ほぼ貸し切り状態で攻めまくると城内にある『TTT』で「サバカツバーガー」とハイボールを慌ただしく食べた。その後、明石駅構内にある『スタバ@ピオレ明石店』で「クランベリーブリスバー」を熱いソイラテでサクッと押し流しながら日記を書いて〆た。どうやら北陸方面は大雪のようだ。米原までが心配だった。そして、始発に乗るためJR姫路駅を経由してサッサと帰路に就いた動画はご覧のとおりです。

桜門橋から撮影した年中無休でそれなりに偏愛している『姫路城』。手前の石垣と遠方の天守。ナイスなショットで我ながらご満悦。しかし、精巧にできたプラモデルのようにも見えますな。では、死なんけど死にかけるほど寒いので今回の主たる目的地である明石へと向かいましょう。

姫路城

おっとその前に『スタバ@ピオレ姫路1階店』に駆け込むと友人からもらったeTicketの権利を行使して見事にゲッツした「シュガードーナツ」を熱いソイラテと一緒に丁寧に味わった。僕はバックパックが置いてある席に座って寒空の下、凍えながら歩く人々を眺めながら笑っていた。

スタバ@ピオレ姫路1階店

JR明石駅で左足から降りるとそこそこ近くにある『グリーンヒルホテル明石』へと向かった。まだ15時前だったが、せっかちな乙女座の僕のチェックなインを許してもらえた。B型の僕のわがままを聞いてくれた貞丸さん、どうもありがとう。このご恩はきっと半年間は忘れません。

424号室

ホテルの洗面台で顔の皮脂を丁寧に洗い流すと『魚の棚商店街』に行った。アーケードと言い、それなりの賑わいっぷりと言い、いいですねぇ。とりあえず今宵の飲食店のチェックをしながら3周ほどサクッと回ってみた。狭い左右の絶妙な圧迫感が僕には心地良い。さらに1周しよう。

魚の棚商店街

その結果、いい感じの佇まいの『あかし多幸』の「明石焼」、君に決めた!おいおい、15個もあるのかよ。しかし、出汁に浸して食べたら美味しくて完食した。これで750円(税込み)はお得ではなかろうか。できれば620円くらいにしてくれたら間違いなくお得だとは思うけど。

明石焼

弘道の帰り道、ナイスなスメルに犬並みの嗅覚が反応して計画的にたどり着いた先は『天然鯛焼 鳴門鯛焼本舗 明石店』だった。2匹の天然鯛焼(十勝産あずき)を夜食用として買ってご満悦。

天然鯛焼 鳴門鯛焼本舗 明石店

[動画内検索タグ]姫路城,グリーンヒルホテル明石,魚の棚商店街,あかし多幸,天然鯛焼 鳴門鯛焼本舗 明石店

スタバ@ピオレ姫路1階店の僕のレビューとマップ(詳細)はこちら maps.app.goo.gl

YouTube【砂漠に水】https://www.youtube.com/@sabakunimizu