砂漠に水

...Drop by drop shifts the desert to oasis.

永谷園のゆず胡椒ふりかけで胃の腑を満たす禁断の節約術

僕が禁断のゆず胡椒とめぐり会ったのは、極上品の明太子を食べるためだけに佐賀県は鳥栖市を訪れたときだった。あれは今から15年以上も前のことだ。と思う。食事をする際に現地民から「ゆず胡椒はかけないんですか?」「ゆ、ゆずのこしょう?」「は、はい」「何それ?」「え?岐阜にゆず胡椒はないんですか?」「あ、あぁ、あのゆずこしょうね、ハハハ」。もうとっくにバレバレだがね。B型って分かりやすいのよね。そんなセピア色のこっ恥ずかしい当時の自分に思いを馳せながら炊き立ての白いご飯の上から永谷園の「ゆず胡椒ふりかけ」をこれ見よがしに大量にかけまくった。いい。「山椒ふりかけ」も絶品だったが、これも実にいい。ググってまで知りたくないので定価は知らないが、マックスバリュの火曜市で100円で買った僕はB型だ。これはいい。ま、これから食べるんだけど大和田(爆)。では、ちょっと早いですが今年一年、つくづくお世話になりました。せいぜい良いお年をしみじみお迎えください。では、また明日。

永谷園のゆず胡椒ふりかけ