砂漠に水

...Drop by drop shifts the desert to oasis.

コーナンで買ったアジサイの花物語2

砂漠に水。それは決して「焼け石に水」などというマイナスどころか冷凍マグロの貯蔵庫並みの氷点下っぽい意味ではなく、少しずつでも水を垂らし続ければ悪しき環境でもいつかはそこにオアシスができるという夢と希望にあふれた言葉だ。「漁夫の利」に憧れ「棚からぼた餅」を狙い続ける僕が言うのも何だけど大和田(爆)。しかしだ、絵に描いたような悪しき環境でも小さな花を咲かせた僕のアジサイがそこにあった。3月には瑞々しい緑葉を見せてくれた【コーナンで買ったアジサイの花物語】が、この6月には3つの小さな花を咲かせてくれた。僕、うれぴー。せっかくなので彼らに【ジャンとポールとベルモンド】というステキな名前を付けた僕がいた。

アジサイ